【見学:ニッカウヰスキー工場】北海道のウイスキーと言えば。竹鶴も愛してやまない余市でしょ!

こんにちは!

突然ですが、私めちゃくちゃ好きなウイスキーがあって。

以前お伝えした白州はもちろんですが、もう1つお気に入りのウイスキーがあるんです!

それが。

北海道にある余市蒸留所で作られている

 

 

「余市(よいち)」です!!

「余市」とは…

?ニッカウヰスキーが製造・アサヒビールが販売しているシングルモルト
?度数は45度
?1989年から「石炭直火蒸溜」式で作られている高級ウイスキー

 

数々の賞も受賞するほどで、日本の代表ウイスキーとして人気を博しています!

そんな「余市」の製造工程・熟成・そして試飲ができるスポットに行ってきました!

その名も、、

 

 

ニッカウイスキー北海道工場見学!!

待合室で待たされ、早速余市蒸留所へと向かいます!

 

余市蒸留所見学その1:余市蒸留所へ到着!

 

歩いてほど近くに余市蒸留所はありました。

まずは案内の人が余市ができるまでの工程を説明してくれます。

その後、実際に直火で蒸溜されている場所へ!

 

 

熟練の職人さんが、窯の火を1つひとつ調整していました!

釜がある施設内は石炭が燃える香ばしい香りが漂っています☺☺

・全部で6基のポットスチル
・熱ムラの直火焚きを用いることで、原酒に独特の口当たりや風味が加わる
風味豊かで力強い原酒
・すべてのポットスチルにしめ縄←余市独特。

こうやって作られているんだなあ~~。

にしても、この中…アツイぞ・・・!

 

余市蒸留所見学その2:サントリーと竹鶴の歴史も

 

さてさて、間近で燃える臨場感を味わった後は、サントリーの歴史と竹鶴の生涯を知ることができるギャラリーにやってきました。

 

 

ここでしか見ることができない「余市」シリーズがたくさん並べられています!

家宝にしたレヴェル…

さてさて。ここでも案内の方が説明をしてくれますよ。

 

 

サントリーニッカウヰスキーのマスコット的存在のこのおじさん。

実はモデルがいるんです!

それが、19世紀・イギリスの「W・P・ローリー卿」という人。

「キング・オブ・ブレンダーズ(ブレンドの王様)」と呼ばれるほど香りの効きわけができたのだとか☺☺

※ウイスキーの原酒をテイスティングしている姿だそう※

 

 

ちなみに、花壇のマークもこのおじさんでした??

可愛い!!

 

さて、ここでニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝のお話を少し。

朝ドラ「マッサン」を見ていた人ならご存知ではないでしょうか☺☺

(もちろん「竹鶴」も飾ってありました◎)

 

竹鶴は、ウイスキーの本場・スコットランドにウイスキー留学に行きました。

様々な蒸留所を訪ね、そこでウイスキー作りの知識や技術を学んだのです。

スコッチウイスキーと同じ熟成法で作られる)

 

その道中に、妻となるリタと結婚し、本格的なウイスキー作りを進めていきました。

 

余市蒸留所見学その3:竹鶴ノートが今の日本のウイスキーを作った

 

竹鶴が留学中、ウイスキー作りのすべてを記したとされる「竹鶴ノート」が、現在の日本のウイスキーを作り出したともいわれています。

実は、余市蒸留所は昔りんごジュース?を作っており、ウイスキーが作られたのはなんと設立から2年後の1936年!

 

 

1940年、初めて「ニッカウヰスキー」「ニッカブランデー」が発売されたのです!

そして、みんな大好き「余市」はなんと1989年(平成元年)にリリースされました!

いやあ、、道のりは長かった…

 

余市蒸留所見学その4:熟成庫を見学して終了!

 

「余市」見学ツアーも終盤…

最後は、ウイスキーが眠っている熟成庫へ!!

入った瞬間、フワ~~っとお酒の香りが…☺☺

(至るところに樽モチーフのものが!)

 

ここであの「余市」が作られていると思うと、余市好きとしてはゾクッゾクしかしませんでした(笑)

最後は、無料のテイスティング!!

(これ目当てに来たようなもの!)

 

 

ニッカウヰスキーは昔「アップルジュース」を作っていたことは上述しましたが、当時と同じ味のアップルジュースも飲めるんですよ?

さっぱりしていて、ほんのりとした甘さです☺☺

芳醇な「余市」と日本のウイスキー!を感じる「スーパーニッカ」もいただきました!

 

余市蒸留所見学その5:販売ブースもあったぞ

 

さてさて、お酒もたっぷり堪能したし!

あとはお土産を買って帰るだけ☺☺

ここでしか買えない「余市」はもちろん買いましたが、オススメはウイスキーチョコレート!!

口に入れた瞬間フワ~っとお酒の香りが鼻を抜け、ジュレのようなウイスキーが口いっぱいに広がります♡

お酒が苦手な人でも食べやすい!!

(樽を開ける専用のコルク)

 

「余市」は売っているところが少ないですが…

たっぷりと堪能できました♥

 

見学の際は予約をしていくのがオススメですよ~~♪

予約サイト▶https://www.nikka.com/agecheck/permission.html?href=https://www.nikka.com/products/iow/2016_bow/

 


余市蒸留所 (見学)
北海道余市郡余市町黒川町7−6
定休日なし/9:00~17:00

 

★おまけ★

余市蒸留所見学後…。

居酒屋には必ずと言っていいほど「余市」が置いてあったので…

 

 

いただいちゃいました♡

グラスまで余市とかステキすぎる♡

 

 

肉厚でジューシーなホッケや、

 

 

室蘭名物・室蘭焼き鳥!

甘いタレがたっぷりとかかっています!

 

芳ばしいさしかない本場のウニも堪能しましたよ~~♡

大満足っ!!!

 

 

北海道特集↓↓
●【札幌:北の旬】もう完璧な海鮮の宝庫♥新鮮かつ旨いものは市場で!!編
●【札幌:熊吉】札幌と言えばやっぱり味噌ラーメン♪芸能人御用達のラーメン横丁にやってきた

【見学:ニッカウヰスキー工場】北海道のウイスキーと言えば。竹鶴も愛してやまない余市でしょ!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です