【新宿:ほおずき】これぞ酒場放浪紀!狭いカウンターで吉田類おススメのモツ煮を食らう

さて。

みなさんご存知の新宿横丁へやってきました。

本日のお店はこちら。

 

 

もつ煮の文字が飛び込んでくる「ほおずき」。

しかも…

 

飲兵衛たちの永遠の師匠・吉田類さんがやってきたという

聞き捨てならない情報が…!

それは着席しちゃいますよね。即よ。

 

 

ママが、

「吉田類がたべたもつ煮が美味しいよ」と言っていたので、早速頼みます。

 

 

来たぞ、もつ煮!

ホロホロ〜!

味噌が存分に染みてて、噛めばかむほどジュワ〜ってモツの味が!!

次は、、

 

 

串の盛り合わせ(塩)!

特に砂肝は、シャリシャリコリコリ…なんとも言えない食感が不思議!

スコスコ感!!?!?

そしてそして、、

 

 

山芋揚げ〜!

外はカリカリ、中はシャキシャキの理想的な歯ごたえです☺☺

マーガリンの風味も合いますね◎

そして~~、

 

 

ぼんじりの甘煮!!

初めて食べる料理!

甘タレがめちゃくちゃしみ込んでいる??

 

 

かみごたえあるし、ツマミには最高です!!!

でも、

甘いのもいいけど辛いのもお好き。

ということで一味を投入しちゃったのですが、、

 

 

あ、、かけすぎちゃった。

 

 

店舗情報

ほおずき
住所:東京都新宿区西新宿1-2-12
営業時間:[月~金]18:00~24:00(L.O.23:00)[土]17:00~23:00
定休日:不定休
アクセス:新宿西口駅から57m
支払い方法:現金のみ
席数:9席
その他:お通し300円

【新宿:ほおずき】これぞ酒場放浪紀!狭いカウンターで吉田類おススメのモツ煮を食らう” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。