湯豆腐ラバー必見!!【オススメ商品】嬉野温泉名物・トロットロ湯豆腐で常識が覆る?!

みなさんは、「湯豆腐」にどんなイメージを持っていますか?

料理を作る人からすれば「簡単で手軽に作れるし、安い」。

お酒を飲む人からすれば「シンプルだけどお酒が進む」。

ただ「美味しいけど、作るのに(食べるのに)そこまでこだわりはない」と思っている人も多いのではないでしょうか?

その認識、間違っています!!!

今回はこれまでの「湯豆腐」の常識を覆してくれること間違いなし!の絶品湯豆腐をご紹介しますよ~~✨

▶▶「ご当地グルメ」記事をもっと見る!

 こんな人にオススメ💡

美味しい豆腐が食べたい♡
湯豆腐でしっぽり飲みたい🍶
有名な豆腐屋さんの豆腐…気になる!

 

嬉野温泉名物
温泉湯豆腐 ポン酢

日本三大美肌の湯として知られている九州の名湯「嬉野温泉」の名物。
調理水を用いて湯豆腐にすることで豆腐が溶け、汁が白濁してやわやわと淡雪のような優しい食感を楽しめる。
引用:http://www.saga-hirakawaya.co.jp/onsen_yudoufu.html

九州の名湯としてしられている嬉野温泉の名物「温泉湯豆腐」です✨

佐賀県嬉野市にある佐嘉平川屋を本店としていて、「美味しい湯豆腐が食べられる!」と地元民はもちろん観光客にも人気のお店だそう♪

嬉野温泉名物
温泉湯豆腐 ポン酢
セットの中身がこちら

箱を開けてみると、豆腐1丁・ポン酢・調理水のセットが入っていました💡

シンプルなセットですが、これを丁寧に調理することによって美味しさを味わえるんですね🤤

興奮してきました…。

ずっしりと重い豆腐!!!

嬉野温泉名物
温泉湯豆腐 ポン酢
作り方は?

作り方は箱に丁寧に書かれているので、この通りに作っていきます!!

①鍋にカットした豆腐と調理水を入れ強火にかける

「調理水だけを先に水にかけると豆腐が溶けにくくなります」との記載があったので、先に沸騰させ☟

豆腐を入れます☟

②調理水が白く濁ってきたら弱火に

③調理水が完全に白濁し、豆腐の表面がとろ~りとなってきたら食べごろ。

だいぶ白くなってきました!!

野菜を入れるのはこのタイミングとのことで、今回は水菜をチョロロっと投入。

豚しゃぶにしても美味しいそうです♡

嬉野温泉名物
温泉湯豆腐 ポン酢
いただきます!

完成した湯豆腐がこちらです(^▽^)/

まさに究極…。

あれだけ透明だった調理水が、見事に白く濁っています♡

付属していたポン酢につけていただきます。

甘くてコクがあって上品な味わい!!!

香りもふんわり広がります♪

▽めちゃくちゃ白い😲😲

こちらが主人公の豆腐です。

プルンプルンですね…!!!

くちどけを感じるほどのとろ~っとした食感で、口に入れた瞬間溶けてしまうほど✨

大豆の濃厚さを後味に感じ、「これぞ豆腐の旨味を最大限に凝縮した」って感じ!!!

甘めでさっぱりとしたポン酢と、濃厚すぎる豆腐のコンビネーションも抜群◎

終始とろっとろの豆腐に驚きでした😲(豆腐ってこんなにとろけるんですね?!)

最後は雑炊でシメ

箱にも雑炊推奨と書いてあったので、今回はキッチリシメまでいただこうと!

ご飯と残ったポン酢、少しの醤油をいれて炊いてみると、豆腐のにがり?がグツグツと盛り上がってきました。

なんだかめっちゃ旨そう🤤

ニラ・卵というシンプル具材でグツグツ煮ていきます。

最後に鰹節をかけて完成!!!

湯豆腐の後に雑炊は今までしたことなかったのですが、めちゃくちゃ食欲をそそる香りです(^▽^)/

じっくり豆腐を炊いたスープらしく、大豆の風味がふんわりと鼻を抜けます♪

清らかな調理水だからでしょうか…これまでの雑炊よりもなんだか上品な口当たり😂

ダシを加えていないのに旨味が溢れているスープ✨

今度は豚しゃぶにもトライしてみたいです!

 

上品すぎる湯豆腐でした💡

贅沢な湯豆腐…気になる方は近くのスーパー(なければ通販)で購入できるので、トライしてみてください♪

 

嬉野温泉名物
温泉湯豆腐 ポン酢
商品情報

嬉野温泉名物 温泉湯豆腐 ポン酢

価格 540円(参考スーパー価格)
カロリー

 

▽調理水、なんだか清らかな香りがします✨

▽こだわりの温泉湯豆腐♪

▽あま~いポン酢がシンプルに旨い。

▽トロトロ食感です!!